嘘の戦争

『嘘の戦争』 第2話あらすじ&ネタバレ&視聴率 まとめ

投稿日:

いよいよ、『嘘の戦争』第2話です。

第1話に視聴率は11.8%と、今一つの出だしでした。

『嘘の戦争』 第1話あらすじ&ネタバレ まとめ

草彅剛さん主演の話題のドラマ、フジテレビ系『嘘の戦争』が始まりましたね。 朝の情報番組で、アナウンサーさんから「復讐シリーズ」という言葉が出たので、『銭の戦争』に続く復讐シリーズのようですね。 SMA ...

続きを見る

巻き返しはなるのでしょうか。

第2話 あらすじ&ネタバレ&まとめ

第1話の最後で、ナイフを持った五十嵐(甲本雅裕)から、体を張って仁科興三(市村正親)を守った一ノ瀬浩一(草彅剛)。

浩一の思惑は何だったのか…

 

仁科楓の病院で手当を受ける浩一。

そこに、仁科家の顧問弁護士である六反田健次(飯田基祐)がやってきて、「今回の事は、単なる事故にして欲しい」と頼まれる。

 

「六反田」という名前に記憶がある浩一。30年前に新聞を配達していた苦学生が「六反田」という名前だった。そして「浩一の父が犯人だ」と嘘の証言をした人物こそが、六反田だったことを思い出す。

浩一は、誰かが裏で糸を引いていると思った浩一は、六反田への復讐を誓うのだった。

一方、浩一を治療した楓(山本美月)は、浩一の胸元の大きな傷跡が気になっていた。

浩一は「タイでの仕事中に負ったものだ」と説明するが、楓は、もっと古い傷だと気付いていた。なぜ浩一が嘘をついたのか、楓は気になっていた。

隆(藤木直人)が、浩一の病室を訪れるが、まだ浩一の事を疑ったままだった。

 

ハルカ(水原希子)は六反田が濃音をしている「ダイアモンド鉱山出資金詐欺の被害者の会」に参加する。六反田は金融業者からから鐘を借りており、その詐欺を仕掛けた側だったのだ。

 

「30年前のこと、って五十嵐先生は言ってたよ。」と言われた六反田は、五十嵐と同じように焦って興三に助けを求める。

一方、浩一は隆になりすましたメールをと六反田に送り、じわじわと追い詰めていく。

身を守りたい一心の六反田は、興三との会話を録音したものがあり、興三が30年前の事を話しているものだと、証拠品を持っていることを、偽のメールと考えずに隆に知らせるのだった。

その録音を欲しい浩一は、六反田の事務所に忍び込む。でも、テープは貸金庫に預けて会ったのだった。

ホテルのロビーで隆と会う六反田。隆がメールを送っていないことに気づくが、時遅し、着手金詐欺の容疑で、警察が六反田の事務所を創作をしていたのだった。

 

浩一は、六反田が持っていた録音を聞く。

興三が「ばかな大学生がOLがを連れ込もうとして殺してしまった。俺がもみ消した。でも、石野千葉が気づいてしまった。」と作り話をしており、担当刑事もグルだったことが判明。

興三への恨みが、一層と増す浩一。

 

浩一にの胸の傷は、子供の頃に負ったと知らされた楓は、「あなたなた、きっと仕事もうまく行って、家庭も持てます。」思わず楓にキスをする浩一。

さあ、楓の恋心が芽生えてしまうのでしょうか・・・

第2話 感想

第1話で浩一のことが気になり始めていた楓が、本当に浩一のことを好きになり始めるあたり、予定のコースになってきましたね。

でも、ハルカが浩一のことを好きだというのが、まだ出てきません。

う〜〜〜ん、三角関係は、浩一&楓&???。

やはりここにはハルカが入る図式なのですが・・・

 

第1話から引き続き、若干オーバー気味な草彅さんの演技。

感情をおさえているのかもしれませんが・・・

「復讐する鬼」という設定だからでしょうか。

本来の「陽一」の姿がまだ見えてこなくて、詐欺師として過ごしてきた浩一のわざとらしさ、逆に言えば寂しさしか見えてきません。

真の陽一を見ることはできるのでしょうか。

草彅さんらしい部分を見たいと思います。

ドラマに引き込むには、「陽一」である部分も見せて欲しいのです。

 

藤木直人さんは、悪い人役が増えてきたようですね。これももったいない気がします。

水原希子さんが、ハルカとして本当の詐欺の力を見せてくれるのがいつなのか?

興三が浩一の父を殺した本当の理由は何だったのでしょうか?

それが気になりますね。

視聴率がわかれば、また追記します。

第2話 視聴率

気になる視聴率は・・・12.0%

初回 11.8%

変わらないですね。

次回はどうなるのか、こちらも気になります。

 

 

-嘘の戦争
-

Copyright© 突然ですが、ドラマまとめます , 2017 AllRights Reserved.