A LIFE〜愛しき人〜

『A LIFE〜愛しき人〜』第4話あらすじ&ネタバレ&視聴率 まとめ

更新日:

第3話で少し視聴率が下がってしまった、『A LIFE』。

少女のオペを巡ってのやりとりが繰り広げられました。

それぞれの個性が出てきて、いい展開だと感じたのですが…

気になるのは、菜々緒さん。今回はもう少し登場時間が長くならないのでしょうか?

 

第4話 あらすじ&ネタバレ&まとめ

壮大(浅野忠信)が沖田(木村拓哉)に問い詰める「まだ好きなのか、深冬のこと」

沖田は「本気で言ってるの?もう10年もたってるんだよ。本気でいってるのか。」

 

家に帰った壮大に深冬は「勝手にオペしてごめんなさい。それと、医者を続けてもいい?」

その問いかけに、壮大は気力なくOKする。

 

壮大と榊原(菜々緒)が一緒になり「片山関東病院」との提携を事務長と羽村に説明する。

提携が決まれば高度な治療を必要とする患者が壇上記念病院に廻ってくるので、それを利用して病院の知名度を上げるつもりなのだ。

古い考えの院長には理解してもらえないから、成功するまでは内緒にしておいて欲しいと、秘密裏にすすめるつもりの壮大。

片山は「沖田先生に、オペをしてもらいたい。それによってこの話を考えたいと思っている。」

それを聞いた羽村は面白くないが、提携すれば羽村を片山関東病院の院長にするつもりだと聞くと、納得する。

 

沖田は、片山関東病院で深冬のオペをすることを納得するが、スタッフは連れていきたいと粘る。

 

沖田は看護士の柴田(木村文乃)を連れて、片山関東病院でオペを開始する。井川(松山ケンイチ)は見学についていく。

オペの際に、院長の息子・孝行(忍成修吾)が指示した器械でないものを柴田だして、「こっちのほうが向いてます」と逆に指示をだしてしまった。

沖田はすぐに柴田をフォローする。

羽村は、柴田に「医者になればいいのに。その知識だったら充分になれるよ」

すると柴田は「簡単に言わないで!」と怒ってしまう。

 

井川と焼肉を食べる沖田。何で結婚しないのかと聞かれ、一度考えたことがあるけど、フラれたから、考えていないと…

 

片山関東病院の院長(鶴見辰吾)は、沖田のオペは素晴らしいが「チームワークを乱すようなスタッフがいる病院と提携するというのは…」と、柴田に事を問題視した。

見学をした井川に話を聞く壮大・羽村・榊原。

それで、看護士の柴田がネックになったことが判明する。

その事を問い詰められた柴田は「辞めます。奨学金は借金をしてでも返します。」

 

壮大は沖田に話を聞いてない。榊原は「辞めてくれるなら話が早い。提携も進められますね。それがだめでもいざとなれば、こっちが勝つんですけどね」

すると壮大は「それは、いざという時のためにとっておく」と言う。

何か、秘密があるようだ。

 

片付けている柴田に沖田は「僕はいい相棒ができたと喜んでいたんだけどな」

柴田は苛立ちを隠さず「医者は医者の見方。医者はナースを認めてない。私は誰よりも勉強して、誇りをもってやってきたんです」

「ついでにナースを辞めれば」と言ってしまう沖田。

その後、井川から柴田が辞める原因が、昨日の片山関東病院のオペにあったことを知る。壮大から聞いていない沖田は、もちろん納得がいかない様子。

 

深冬は、柴田を引き留めようと説得している。

「今回のことは、同じ女性として許せない」すると「問題は私が女だからじゃなくて、ナースだからです」

深冬が柴田を引き止めたことを怒る榊原。「深冬先生は何もわかってないんですね。小児科の赤字を埋めるためなのに。本当に…」

 

壮大は柴田がやめたことを片山関東病院の院長に電話する、すると院長は「オペしてもらいたい患者がいるんですけどね」と新たな話をする。

 

深冬は、どうして沖田に柴田を引き止めなかったのかと聞く。言わなくても伝わってると思ってるという沖田。深冬は「伝わってません。あの時どうしてシアトルに行ったのかわからなかった」と過去の話をする。

 

休日の井川は、柴田を誘ってドライブに行く。

「ポルシェに乗ればいいのに。親が医者だから医者になった人に腹が立つ!」と、怒りを爆発させた柴田。「親が医者でも医者になれないことがある! たった1回のミスで訴えられて、病院が潰れて、奨学金で看護学校行くしかなかった!」

 

壮大は、片山関東病院からの患者に関して沖田にオペして欲しいと頼む。沖田はどうして柴田を辞めさせたのか。柴田以上のオペナースはいない。こんな難しいオペには柴田が必要だ。器械を渡すのが1秒遅れれば、15分の遅れになると。

 

沖田は、柴田に謝罪する。

「柴田さんは、誰よりもよく知っている。」「いえ、ナースとして認めてなかったのは自分自身です。ずっと何かが足りないって考えてたんです。」

沖田は「僕も昔は学歴コンプレックスがあった時期がある。今でもそうかもしれない。でも、柴田さんのことは、僕は間違いなく認めている」

 

榊原は壮大に「柴田さんを残せば提携の話もなくなるかもしれない。もしものカードを使うことになるかもしれないですね」と、何かを指している。

 

オペを始める沖田。器械だしは柴田。そのオペを見つめる壮大は、患者を深冬とオーバーラップさせてしまう。

オペは成功、柴田を褒める沖田。

柴田は深冬に「私オペナース辞めるつもりはありませんから。沖田先生とオペできるから。

次は、深冬が沖田に聞く「もう終わったことだから聞くけど、私っていつフラれたの?」沖田は応えずに逃げてしまおうとすると、深冬が倒れる

 

井川は沖田の部屋でPCの頭部画像を見てしまい、何かを感じ取る。

 

壮大は片山関東病院へ行って、柴田を残して欲しいと頭を下げる。

そこでつい「死なせる訳にはいかないんだ!」と関係のない事を言ってしまう。

第4話 感想

今回は、少し長くなってしまいました。

折り返しで、キーポイントになりそうな第4話だったものですから。

最初に書いた菜々緒さんの件、何故か当たってしまいました。

今回は、活躍されてましたけど、秘密のカードが、とっても気になります。

看護士の柴田さんも大活躍。不運な過去があったことがわかりました。

そして、とうとう深冬が…

次回は、武田鉄矢さんがゲストです。充実のストーリーになりそうです。

第4話 視聴率

何と12.3%…

1.6ポイントも落としてしまいました。

第3話でストーリーの伸展性がなかったからか、派手な演出がないからでしょうか。

元々、派手なドラマではないのですが、実力ある俳優さんばかりで安心して見ていられるだけに残念。

今回、ストーリー展開もあり、次回が楽しみな内容そうなので、次回に期待!

-A LIFE〜愛しき人〜
-

Copyright© 突然ですが、ドラマまとめます , 2017 AllRights Reserved.