視覚探偵 日暮旅人

『視覚探偵 日暮旅人』第3話あらすじ&ネタバレ&視聴率 まとめ

更新日:

第2話は視聴率を下げた『視覚探偵 日暮旅人』です。

第2話はゲストが豪華だったのですが、ストーリーはわかりにくかった印象です。

今回は国仲涼子さんがゲストで、雪路の生い立ちが見れそうです。

でも、何か複雑な状況のようです。

旅人はどうやって解決していくのでしょうか。

第3話 あらすじ&ネタバレ&まとめ

刑事の増子(シシド・カフカ)は、日暮旅人(松坂桃李)と雪路雅彦(濱田岳)の事を調べているが、雪路が大物政治家・雪路照之(伊武雅刀)の息子だということが分かる。

 

旅人の事務所に、2日後に結婚式を控えたフィアンセの様子がおかしいので調べて欲しいと、川辺健也(福田悠太)がやってくる。

川辺のフィアンセは、愛歌(国仲涼子)で、雪路照之の家で使用人をしていたので、雪路にも招待状を送っているという。

そこで、雪路が大物政治家の息子だということが知られてしまう。

 

増子は、旅人の誘拐事件を突き止めた。そこで、誘拐事件の犯人を探して、見返りにヤクザの情報を貰おうと考えている。

 

愛歌は、雪路が物心ついた時にはもう家にいて、腹違いの兄のフィアンセだった。だが雪路の兄・勝彦(眞島秀和)は、16年前に失踪して自殺だと思われている。だが、遺体は見つかっていない。

雪路の実家へ行った、旅人と雪路は愛歌に会う。愛歌は「雅坊」と呼んで懐かしがる。

愛歌は、2週間前に「ウェディングベア」が届いた。それが、無くなった勝彦からだと思うと。昔、一緒にテレビで「ウェディングベア」の特集を見たから、16年前の失踪が気になりだして仕方がないという。

 

旅人は「ウェディングベア」から、雪路と愛歌への愛の感情が見える。僕はこんな眼だからこそ、視たいと思った物を見逃したくない。大事な友だちのお兄さんが見たい」

旅人と雪路、愛歌はぬいぐるみの製造販売元のある南沼津へ行く。その販売元にある「5円玉」からラーメンが見えると。ラーメン屋からきた5円玉だと。近くのラーメン屋へ行く。

変な外国人の定員のラーメン屋へ行くと、愛歌がウェディングドレスを着て表紙を飾っているウェディング雑誌が遭った。その雑誌についている折り目が、勝彦の折り方だと言う。

「生きてる。でも、生きてるなら、どうして俺たちを置いていったんだ。」

 

増子は、旅人の誘拐事件について婦警に話を聞いているが、婦警は「雪路照之の秘書がトラブルに巻き込まれた。」その秘書は、旅人の父だった。

 

雪路は照之に電話をして、勝彦の死について問い詰める。「遺体が見つかってもいないのに葬式を出すことに拘った。あの時選挙中だった。あんたはそれを利用したんだ。」

結婚式までの時間が迫っているので、諦めて帰ろうとする3人だが、ラーメン屋へ来た軽トラックから、ぬいぐるみと同じ感情が見える。軽トラから降りた女性からも同じ愛情が見えるから、今の彼女か奥さんではないか。

その軽トラに書いてあった店に行く3人。そこには、子供と遊ぶ男性がいて、勝彦に似てる。

 

愛歌の結婚式の記念撮影に、亀吉(上田竜也)が愛歌のふりをして写真を取る。川辺の父(蝶野正洋)が来ていて、写真は避けられないのだった。

結局、結婚式も亀吉が代役を務めることになってしまっている。誓いのキスまでしてしまった…

 

やはり勝彦は生きていた。「ウェディングベア」を送ったのも勝彦だった。

16年前のことについて「若かった」と答える勝彦。「政治家には向いてないとわかってたし、親父の影から逃げ出せないと思った。若かったんだ。愛歌に相談して、大切な人を悩ませたくなかった。すみませんでした。」頭を下げる勝彦。

勝彦は、「妻と息子と静かに暮らしていたいから、もう来ないで欲しい。」と頼む。

雪路が旅人に頼む「勝兄が幸せなのか、後悔していないのか見て欲しい」

勝彦に「日暮旅人です」と名乗ると、勝彦は驚いた顔をする。その時、旅人には何が視えたのか…

雪路には、嘘は言っていないと伝えるが、それ以外の事が視えているようだった。

帰ろうとする3人だが、旅人が疲れたと言って、残ろうとする。

勝彦は、旅人が秘書の日暮栄一の息子だと…

旅人は勝彦に「強烈な後悔と同情、いくつもの感情が視えた。あなたは僕の父に関することで何か言いたいことがあると思って戻って来たんです。」と話す。

勝彦は「ジャーナリストのやまだかいせいはご存知ですか。これはやまださんからあなたのお父さんに渡して欲しいと頼まれた手帳です。これを預かった直後に、二人共なくなった。ただ、この手帳には数々の人の数々の悪事が書いてあるんです。それを知った時、人生に疲れてしまった。それが姿を消した理由です。」

旅人「ご心配なく、とっくの昔に覚悟を決めています。」

 

増子は、20年前の雪路照之の秘書の日暮栄一と妻の事故を捜査した元刑事に話を聞きに行く。「当時は、おかしいと思った。やまだかいせいというジャーナリストがいて、そいつの手帳には、いろいろな情報が書いてあった。日暮と山田は親しくしており、そして同時期に死んだ。」

第3話 感想

今回の展開は良かったです。脚本、変わりました?
しっかりとプロットが練られてました。

まだ第3話ですが、何だか重要なお話でした。

雪路も、過去にはいろいろあったのですね。

そして、勝彦の告白。旅人は重要な証拠?を手に入れちゃいました。

これって色々な人に狙われそうで、心配です。

なんて考えていたら、次回の予告で銃で撃たれてしまってます。

面白くなっていきそうですね。

第3話 視聴率

9.4%でした。

10.7%から1.3ポイントダウン

前回はなにげにゲストが豪華だったけど、内容がわかりにくかったからでしょうか。

でも、今回は雪路のかこから、旅人の過去に繋がる話が見えてきたので、

復活を期待します。

-視覚探偵 日暮旅人
-

Copyright© 突然ですが、ドラマまとめます , 2017 AllRights Reserved.