嘘の戦争

『嘘の戦争』第5話あらすじ&ネタバレ&視聴率 まとめ

更新日:

早いもので、もう第5話です。

毎回、よくよく思いついた復讐劇が繰り広げられていますが、最終回が気になりだしますよね。

誰が、30年前の主犯か…
ちょっとしたトリックに気づきましたが、それに関しては、またの機会に…

今日はパイロットとキャビン・アテンダントに変身する浩一とハルカです。

第5話 あらすじ&ネタバレ&まとめ

パイロット姿の一ノ瀬浩一(草彅剛)

「人を騙すには、まず自分を騙すんだ。」とカズキ(菊池風磨)に一言。

 

浩一は帝都中央銀行の銀行員・九島亨(平岳大)の存在に気づく。

九島は、愛人の五十川芙美真飛聖)と一緒だ。

パイロットとして亨に近づく浩一。

亨は「確かに億単位の金を動かしてますからね」と自慢話をする。

 

ハルミ(ハルカ)は「ちゃんとした仕事があって、芙美さんはいいな。羨ましい。一条さん(浩一)ははっきりしてくれないし。誰にも本音を見せない人だから。」

と詐欺と自分の心を混同している。

芙美は亨が好きだが、亨は離婚できない色々なしがらみがあるという。

「あなたも探してみれば、一条さんの弱み。あなたから離れられない理由。」とアドバイスをされるハルミ(ハルカ。)

「九島を倒せば、後2人だ」と浩一。

隆(藤木直人)が、いきなりバーにやってくる。

浩一に「単刀直入に言う。千葉っていう男を知っているか。仁科家にとって脅威となる男だ。もし知っていて隠しているなら、大変なことになる。」

浩一は「知らないですね。嘘は嫌いだから。」

そこへハルカが入ってきて、隆はどこかであった記憶があると、思い出そうとしている。

 

楓(山本美月)が浩一を誘い出すが、その姿を目撃したハルカは面白くない。

ハルミ(ハルカ)が、九島を誘い出す。

詐欺とプライベートを混同しているハルカは「今夜はずっと一緒にいてくれない。彼には他に気になっている女の人がいるの。私よりずっとまともな人で。怖くて仕方がない」

楓は、興三のやり方が嫌いで、ずっと興三と合っていない。興三を許せないと言う。

 

浩一の事務所に誰かが侵入している。

 

一条(浩一)が、いきなり九島を訪ねる。ロスから来る友人に、代理で美術品をわたして欲しい。九島なら信頼できる、と。

 

浩一は、事務所に侵入者が入り、盗聴器を仕掛けられたことを発見する。六反田の録音テープが目当てなのがわかっていたようだ。

 

興三が、隆に「一週間たった。お前はもうこの件に関わるな。ビジネスに専念しろ。」

楓が興三を尋ね、浩一とあって欲しいと頼む。

九島がハルミ(ハルカ)とデートしているのを見つけた、芙美と一条(浩一)。

芙美は「亨が私から離れられるわけはないの。」

一条(浩一)は「亨さんは、離婚してハルミと一緒になりたいと。ハルミなら若いし、子供も作れるから。」と、九島と芙美の仲を壊そうと仕向ける。

 

百田(マギー)が厚労省麻薬取締官と偽って、ホテルの九島の部屋に入る。

「今日、取引があると情報が入ったので、荷物を調べさせてもらう。」

一条(浩一)は「九島さん、アンタに預けた物は一億するんだよ。どうしてくれるんだ。警察に行ったって、アンタも共犯だからね」

浩一の復讐が始まっていく。

銀行に戻った九島を待っていたのはハルミ(ハルカ)

「私も騙されていたんです。騙されて運び屋やらされてたんです。この人は私の先輩で、自殺と言われてるけど、絶対に違う。私と一緒に国外へ逃げて。彼は本気よ。警察なんかに行ったりしたら、殺される。」

九島は「妻とは別れて、君と一緒になるから、待っていてくれ。」

芙美は、九島の融資の不正を一条(浩一)にする。「あの子と一緒に逃げようなんて、絶対に許せない。上司と警察に告発する」

九島は、別荘に行き、猟銃を準備し、隠したお金を確認する。

「30年前の事件、覚えてる? アンタと四条司のために、何の関係もない家族が死んだことを知っtるか」

「オヤジに聞いたよ。変な正義感を持った医者が警察に告発しようとしてるって。もう時効だろ。恨むんなら、仁科親子を恨めよ。仁科のオヤジとバカ息子、晃だよ。あいつが女を連れてきてたんだ。あいつが見張りをしてたんだ。30年前の事件は、仁科の大事な息子を守るためだったんだ。」

 

九島が別荘を出ると、警察が取り囲んでいた。「銀行から業務上横領で被害届が出てる。九島亨、公務執行妨害及び銃刀法違反で逮捕する。」

 

秘書からパーティーの礼状について聞かれた隆は、思い出す。パーティーの写真からハルカを探し出して、バーにいたハルカを思い出した。

浩一は「もう一人いた。地獄を見せなきゃいけない奴がもう一人。仁科晃だ。」

 

浩一は、仁科家を訪ねていく。

隆は「一ノ瀬は嫌いだが、今日だけは客として迎えます。九島の息子も逮捕されたので、目的は復讐。どういうふうに関わっているのか聞き出したい。今日だけは冷静に話をします。」

第5話 感想

今日の復讐は、凝っているようでシンプルでしたね。
今までを考えると、ちょっと盛り下がった感がします。

ストーリー的にも今一つのような感じもしました。

九島が、今までの復讐相手はに比べて、存在感が薄いのです。

ただ、30年前の事が聞けたので、終わりよければ…でしょうか。

残り3話で3人。先週までは計算が合わなかったけど、これでやっと合いました。

さあ、ラストはやはり興三でしょうか。

 

第5話 視聴率

11.5%と0.4ポイント上げました。

みなさん、30年前の事件と一番の犯人は誰かということが気にかかっているのでしょうね。

後3回、このまま上がり続けるのでしょうか。

-嘘の戦争
-

Copyright© 突然ですが、ドラマまとめます , 2017 AllRights Reserved.