A LIFE〜愛しき人〜

『A LIFE〜愛しき人〜』第5話あらすじ&ネタバレ&視聴率 まとめ

更新日:

少しずつ視聴率を下げてしまっているのですが、第4話の最後で深冬が倒れてしまいました。

予想以上に早く倒れちゃったんですよね。

これで、展開も変わっていくのでしょうか?

壮大が狙う病院の提携は上手くいくでしょうか?

今夜のゲストは武田鉄矢です。

第5話 あらすじ&ネタバレ&まとめ

倒れた深冬の意識が戻る。

「オペの方法がわからないなら、俺が切る!」と、壮大は、沖田に声を荒げてしまう。

 

病院のスタッフが、羽村に連れて行かれて飲みに行く。

珍しく看護士・柴田もいた。

羽村は、医師のランキング雑誌を見せて

「来年は僕が載るから、患者も増えるよ。それに関東事故委員会のメンバーに選ばれたんだ。

患者が何か訴えた時に調査をするんだ」

 

羽村は「事故調査へ行ってきたんだけど、調査対象が桜田中央病院の山本先生で驚いたよ。」

山本は羽村の恩師だった。

「事故調査委員に選ばれるって、病院にとっても名誉なことなんだ。」とあくまで、病院優先の壮大。

 

桜田中央病院の山本先生のおオペを受けた患者が、羽村にもう一度見て欲しいとやってくる。

対応した井川は、羽村ではなく、沖田に頼む。

 

深冬のデータを見てしまったこ井川は、正直に沖田に言い、

「そのオペ、デキるんですか?直せるんですか?本人には分かってないんですよね?

副院長はどう言ってるんですか?愛する人だから冷静にオペはできないですよ。」

沖田は「だから僕が切るんだよ。」

 

羽村を望んだ患者を、沖田が診察している。

「息切れは、やっぱり最初のオペのせいですか?」

「オペしてみないとわからないですね」

 

羽村は、事故調査の件でオペの映像を見せてもらうために、桜田中央病院の山本を訪問。

「いやあ、3時間のオペだからねぇ。すぐ用意するよ。」

 

一方、病院の提携が失敗したことで、銀行は融資を断るという。

壮大には、どうしても融資が必要なのだ。

 

深冬はオペをしているが、いつもと様子が違い、器具を落としたりしている。

「体調がべすとじゃないだろ、患者さんに失礼だ」と、沖田がオペを交代する。

 

羽村が確認したら、山本のオペにはミスがあった。

「報告するのか?俺たちで山本先生を守らなきゃ。」という壮大。

何か考えがある壮大は、山本を訪問する。

「今日は経営者としてまいりました。」

 

深冬は、健康診断では以上がなかったけど、2ヶ月前から頭痛が酷いから、もう一度検査して欲しいと言う。

「これ以上隠すことは出来ないから、診断するしかない」と焦る壮大が沖田に頼む。

沖田は「執刀医としてちゃんと話をするから、来週まで待って欲しい」

 

再度山本を訪問した羽村は「オペで何度も逆流テストをしているが本当に漏れはなかったんですよね?」

「報告書には何もなかったって書くんだよな。壇上からそう聞いている。あいつ変わったよな」と山本。

 

思わず壮大に怒鳴る羽村「どういうつもりなんだ。ミスを見逃す代わりに提携するなんて、どういうことなんだ?

僕が本当の事を報告するって言ったら、どうするから。その患者は、今沖田先生のオペを受けてるよ。彼ならどうするかな。」

何か考えがある壮大は「お前こそどういうことだ!俺は経営者として必死なんだよ。」

 

山本のオペを受けた患者を沖田がオペをするが、やはりミスが見つかった。

 

羽村は沖田を呼び出した。

「最初のオペに問題があった。漏れがあった。」

「山本先生のミスを黙っていてくれないか。先生を守りたいから、頼む。

「自分の実績を上げるために、患者を犠牲にした。患者さんは自分の身体の中で、何が起こってるか知りたがってるんです。

権威ある先生なのにそんなことをするなんて。患者さんには明日話します」」

沖田は、羽村には従わない。

 

関東事故委員会にミスを伝えた、羽村だが、結果として山本は患者に謝罪。病院をやめた。

いきなり沖田を殴る羽村「君が一人の優秀な外科医を殺したんだ!」

 

羽村の携帯に伝言を残した山本。

「ありがとう。俺は権威と言われているうちに、その位置にいなければならなかった。

そのために患者さんを傷つけた。でも、もう気にしなくて住むんだ。お前が守ってくれたんだ。ありがとう。」

逆に、感謝する山本。

 

提携の話を受け入れる桜田中央病院。

山本のミスの被害を最小限に留めるためにも、桜田中央病院にとってはいい話だったのだ。

 

とうとう沖田が深冬に脳腫瘍の話をする。

「ちゃんとオペの方法が見つかったら話そうと思っていた。」

深冬は「おめでとうってかいてあったよね。壮大と結婚する時に送ってくれたカード。

間違いじゃないかって何度も見直した。私、何を期待していたんだろう。さっきも何度も見直した。3cmの腫瘍って・・・」

「僕も医者だ。諦めない限り可能性はある。」

第5話 感想

今回は、ミッチーが大活躍でした。ミッチーらしい演技で良かったですね。

そして、とうとう深冬に脳腫瘍の話をしいた沖田ですが、

その時の深冬の話から、本当は沖田に結婚を停めてほしかったことがわかります。

やっぱり、沖田が本命だったのですねぇ

それにしても、壮大がますますおかしくなっていてませんか?

水槽の熱帯魚を見る目つき・・・サイコパスみたいでした。怖いです、浅野忠信さん。

第5話 視聴率

13.9% 戻しましたねぇ。

第3話と同じです。

やはりストーリー展開的に面白くなっていってるからでしょうか。

次回も楽しみですね。

-A LIFE〜愛しき人〜
-

Copyright© 突然ですが、ドラマまとめます , 2017 AllRights Reserved.